So-net無料ブログ作成

犬童一心監督「ソン・ガンホと映画を撮りたい」(2)

−−ソン・ガンホさんを念頭しておいてはシナリオも書いたと聞いた。「韓国の俳優の中でいちばん映画を撮ってみたい俳優がまさにソン・ガンホさんだ。『グエムル−漢江の怪物』『渇き』『殺人の追憶』『大統領の理髪師』など、彼の出る作品はほとんど見た。どんな役割でもうまく消化する俳優のようだ。シナリオの内容は韓国と日本の東京で幼児連続殺人事件が発生し、韓国と日本の刑事たちが協力して事件を解決する内容なのだが、ソン・ガンホに韓国人の刑事役を任せたい。ソン・ガンホさんが私の夢にも現れたことがある。シナリオがあまり初期段階なのでまだ提案や渉外として連絡できていないが、断られるのではないかとちょっと心配になったりする(笑)」▲ソン・ガンホ、ペ・ドゥナと一緒に撮りたい−−ペ・ドゥナさんも犬童一心監督が注目していると聞いた。「最近、日本の映画界で最も目立つ活躍をしている女優のようだ。『リンダリンダリンダ』に続き『空気人形』の中での演技も非常に良かった。自由奔放に自分の色を取り出して見せる女優のようだ。韓国の俳優たちは日本より所属事務所の介入をあまり受けず、俳優たちが自分が希望するものに合わせて作品を選択するようだ」−−富川ファンタスティックスタジオで雪の降る場面を撮影したが。「日夜なく塩を振り撤いて雪を作った。完成されたものを見たら、本当に本物のように完璧な通りができていた。日本の監督たちは(韓国に比べて)映画を早く撮る方だが、1日の間の重要なシーンを午前から夕方まで全部撮った。韓国スタッフたちが適応できず(私に何の問題があるのかと思い)不安そうにしていた。韓国の監督たちはのびやかに映画を作り出すが、それがうらやましい。韓国で映画を必ず制作してみたい」■関連リンク ソン・ガンホ、ソル・ギョング、キム・ユンソク…韓国映画の興行を主導ソン・ガンホとキム・ヘジャ、記者が選ぶ男女俳優賞を受賞俳優ソン・ガンホ、「壊れても映画が面白くなれば不満なし」ソン・ガンホ−カン・ドンウォン「義兄弟」500万人突破


2010-05-14 19:01  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。